愛知県 岡崎市 幸田町 西尾市 蒲郡市 歯科 歯医者 デンタル・オフィス・ケイ
★歯科に関する動画を集めました★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根幹治療→根管充填→ポストセット→FCKセット


根管治療
歯を削り、歯の根にある、神経の管の部分を露出させます。虫歯になった部分にはばい菌がいますのできれいに取り除きます。そしてリーマーやファイルと呼ばれる器具で歯の根っこの中に入れたり出したりして根管をきれいにします。さらに薬品を使ってきれいに取り除きます。
根の先まできっちりと取り除くために、歯の根の長さを正確に測定しなければなりません。このため、メーターやレントゲン写真を撮って調べます。

感染根管になっていると、根管内の歯質にもばい菌が存在しますのでこの部分も削り取らなければなりません。細い管の内側ですので細いファイルを細いものから順に使って少しずつ削り取っていきます。これを根管拡大といいます。

この途中で何度か小さい注射器のようなシリンジに薬液を入れて根管の中を洗浄、消毒します。
根管内をきれいにして、根管の中に薬を入れた状態で仮封して約1週間おいておきます。根管治療をしている間はこうして1週間おきに何度か薬を交換します。そうすると、次第に根尖病巣が小さくなり、治ってしまいます。

根の先の病巣が治っていることが確認できれば、根管の中をすき間なくぴっちりと、専用のシーリング材を用いて充填します。これを根管充填といいます。

根管治療はこの根管充填まできちんと完了させておかねばなりません。
途中で中断したまま長期間放置しておくと、根管内にまたばい菌が増え、再び根尖病巣が大きくなってきます。根管治療が終了すれば、根管に芯(ポスト)をたてて土台を作り、この上にクラウンなどのかぶせを装着します。

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。